top of page

上野公園にて行われた祭典「数奇フェス」に向け制作。水面の映り込みや揺らぎに着目し、池全体に光の線が伸びる。現実世界と水面の虚像世界との境界線のように配置された光は、個々が浮く構造になっており、水面との距離を一定に保たせる。また周囲のビル群の光に掻き消さられず、尚且つ池と調和の取れることを意識した色を意図している。池には3つの円を描いた光を浮かべ、明暗による3つの島を見立てた。この作品は自然の景色に光を溶け込ませ、夜の不忍池に新たな風景を生み出した。

発案者は西毅徳と鈴木太朗。自身は構造設計、浮島の発案と設計、全体デザイン、施工など全般を担当した。空間演出研究所の最初の作品となったこのプロジェクトのメンバーは、研究室3期生であった麻生啓史・渡辺杏奈がメインとなって活動をした。

TITLE  : ミナモミラー / MINAMO Mirror
EXHIBITION  : TOKYO SUKI FES 2016, 2017
VENUE  : Ueno Park
DATE  : October 2016, 2017

MATERIAL  : LED, Aluminium
SIZE  : 1
lap 750000mm(Unit= H500,W200,  D120, · · · 550unit)
CLIENT  : UENO CULTURAL PARK
SHOOTING  : Takashi Hokoi
​VEDEO EDITING  : Takashi Hokoi
d21741-1-671028-0.jpg
d28409-4-337220-17.jpg
tumblr_inline_oil3fpjApT1sdvizh_1280.jpg
bottom of page