top of page

建築家のあかりコンペのために考案した作品。コンペテーマは闇を魅せるあかりである。強い光を一方向に作り、反対側に現れる影を闇として用いることで、光と闇が同じ空間に共存できる照明器具を発案した。遠い存在となりつつある闇の魅力を、身近に感じ取り操作する光をコンセプトに制作。この作品制作をもとに光と闇の歴史について調べるようになり、なぜ近代化によって闇が消えていくのか、反対に不安要素である闇に必要性はあるのかという考えを行なう。そして、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』にもあるような、暗闇とはその場所や物の美しさを引き出させ、人に想像力を与えてくれる大事な存在だと気がついた。ここから、想像性や見立てという美意識と光の関係を意識し始めた。

TITLE  : 明暗境界線 / TERMINATOR
EXHIBITION  : JIA&DAIKO Architectural Lighting Design Competition 2013
VENUE  :  Sapporo Ekimae-dori underground walkway (Chi-Ka-Ho), Sapporo, Hokkaido

DATE  : July 2013 
MATERIAL  : LED, Aluminum
SIZE  : 1set= H125, W125, D55
​SHOOTING  : Takatoku Nishi
logo.jpg
df566538c044b3e8ee4f1ebc1a123c71-1-1.jpg
bottom of page