top of page

背景

1989年に岐阜県で生まれ、10回以上の引っ越しを経験した影響から、彼は幼少期から建築に対する深い興味を持ち、9歳の時には建築家になることを夢見ていました。自然の中で遊ぶことが好きで、森や川など身近な環境で感じた経験が後の芸術活動に大きな影響を与えました。2008年、彼は東京デザイナー学院に入学し、建築に関する実践的なデザインを学びました。2010年には優秀な成績で卒業しましたが、就職活動中に経済的な不況や日本社会の不調和を感じ、自身のキャリアについて再考することとなりました。その後、2012年には独学で学び、多摩美術大学の環境デザイン学科に入学しました。  

 

光と見立て

大学で照明デザイナーの内原智史氏や日本庭園デザイナーの枡野俊明氏と出会い、彼は光と見立ての表現に魅了されました。2013年には日本建築家協会主催の建築家のあかりコンペで最優秀賞を受賞し、学生としては初めての快挙を達成しました。その後も、数々のコンペで賞を受賞し、2016年には「MIRAGE CUBE」という空間作品を発表しました。  

 

現在

2016年には東京藝術大学の修士課程に進学し、光の空間についての研究を始めました。さらに、タスクフォーススタイルである『空間演出研究所』を設立しアートプロジェクトも行い、国内外で作品を発表しました。2018年にはマルタでのアーティスト・イン・レジデンスに参加し、光の研究を深めました。2020年には「Ripple」という作品で博士号を取得し、作品は国内外で10のアワードで15個のタイトルを受賞しました。2021年からは、同大学で2度目の博士課程に進学し、現在は建築研究領域で研究を行っています。2022年にはアーティストデュオ『OSOTO lab.』を設立して自然環境の探求を通じて新たな可能性を追求しています。  

 

これまでの彼の人生は全て理想とする「光の空間」への布石であり、その旅はまだ続いています。

bottom of page